中国万事通

近くて遠い?いや、ただ遠い(雲南省博物館:昆明2)

2017/09/22

(雲南省博物館。これは入口?出口?)

○前から見ても入口。後ろから見ても入口

宿で寝て、起きたら昼を過ぎていた。 昆明駅の周りにめぼしい観光地はない。バスに乗って郊外へ行かなければ。 しかも、公共施設は4時半から5時には閉まってしまう。 まずは雲南省博物館に行こう。全て見ることができなければ、 最終日の午前中に残りを見よう、と思い、モニカさんに行き方を聞く。

すると、駅の方向に歩いていくと、駅を越えたところに市バスのバス停があるとのこと。 それは間違って進んだ道の方向だった。 それなら場所も知っていますと感謝してバス停に向かった。

教えて貰った番号のバスに乗る。片道1元(約16円)だ。 しかもこのバス、次のバス停が電光掲示板に表示される! GPSで自分が今どこにいるか確認するため、頻繁にスマホを確認する必要もないので助かる。

IMG 5335

しかしこのバス、進むのが遅い。 というよりも、雲南省博物館が遠いのだ。 15時ごろ宿を出て、まあ1時間くらいは見学できるだろうと思っていたのが甘かった。 閉館する前に早く着いて欲しい、という僕の願いをこのバスは知る由もなく、さらに運悪く昆明市内の渋滞に巻き込まれてしまった。

結局、最寄りのバス停に着いたときには、乗車してから1時間も経っていた 博物館はバス停からも遠く、すぐそこに見えているのに10分はかかった。 道路が片道4車線もあるほど広く、また博物館の敷地が広いため、周りの植え込みに道を阻まれていたからだ。

IMG 5340

上の写真から、右手の方向に向かった。 この「雲南省博物館」のプレートから3分ほど歩き、ようやく入口にたどり着いた、と思った。 辺りにチケット売り場がなかったので、中で購入するのかと思い、人が立っている扉に向かって歩く。 中に入ろうとすると入場を止められた。 制服を着た博物館の人が、「入口は反対側」とそっけなく言った。

え?入口ちゃうの?と焦って時計を見ると、もう4時20分だ。時間がない! せっかく来たから30分だけでも中を見たい! しかし、早足で反対側へ向かうも、建物がデカすぎる。半周するのに5分はかかった。 建物沿いに歩くことができず、建物の周りの木や池の外側にしか道がなかったからだ。

IMG 5344

(博物館の入口側)

やっと反対側に着くと、外側にチケット売り場があった。 掲示を見ると、チケット代は無料のようだ。 勇んで売り場に行くと、「もうすぐ閉館だから、もう入れない」との返答。

博物館を目的に来たのに、完全に無駄足だ。 しょうがない、最終日の午前中、次のフライトまでの間にもう一度来よう。 そう決めて、展示のポスターを撮影して、博物館を後にした。

IMG 5342

(どれも面白そう。全部見ると5時間くらいかかりそう)

バスを降りたところに、明・清代の官僚の居住地跡があったので、 せめてそこを見てから帰ろう、転んでもただでは起きないぞ、 と気持ちを入れ直し、「官渡古鎮」に向かった。


えもん

えもん 大学では文学部に行きたかった都内IT企業のエンジニアです。
Twitter: @koneko_mc