中国万事通

中国人のワイルドなご飯(大理古城・昼食)~ 大理 その9

2017/09/12

(大理古城内の感じのいいレストラン)

○「この昼飯、ワイルドだろぉ~」

この日は大理にいる最終日。

昼から大理博物館へGO!

「大理白族自治州博物館」は、大理古城から南にある。

というか、洱海南東側にあるため、

バスに乗るとちょうど大理駅と古城の中間地点に当たる。

ま、まずは腹ごしらえと、昼飯を食べに行く。

昨晩、夜のうちに見たいい感じの店があるんだよなぁ~。

IMG 5230

外観はこんな感じ!

植物がたくさん飾られていて、入口中央には蓮の花がある。

さすが、名前が「荷塘(蓮の池)」なだけある。

早速入ってみる。

内観はこんな感じ。

中央と両壁際にテーブルが置いてあり、

そこそこたくさんのお客さんも入れそうだ。

僕が入店したときは、ちょうど他の2グループが食べ終わったころだった。

僕は2人掛けの壁際の席に座った。

IMG 5229

(店内から外の眺め)

店の前の道の真ん中には、小川が流れている。

川のせせらぎが耳に心地良い。

大理は暑かったので、リラックスできる店を見つけたと、うれしくなった。

このお店は、本当におすすめです。

IMG 5234

(店頭の池で泳いでいる魚。鯉かな?)

席につくと、かわいらしい女の店員さんが

メニューを持ってきてくれた。

僕は連日の暑さで少し食欲を失っていたので、

「一人で食べられる量で、おすすめのものはありますか」

と尋ねた。

中華料理は一皿の量が多い。

中国では食事は複数人で食べるので、取り分けるのが一般的であるためだ。

しかし、中国でも個人主義が進んでいるため、

都市部ではおひとり様も増えてきているそうだ。

人見知りの中国人なんて、全く想像できないが笑

店員さんは、「この辺が一皿ずつのメニューです。好きなものを選んで」との答えだったので、

結局自分で選ぶことになった。

そういえば、中国に来てから超メジャーな料理、

「西红柿炒蛋(トマトと卵の炒め物)」をまだ食べていなかったので、

それを頼むことにした。

店員の女の子は、「ちょっと待ってて」と僕に言うと、

外で暇そうにスマホをいじっている男に何か声をかけた。

すると、男は店の中に入ってきて、店奥の厨房に引っ込んだ。

やっぱり中国は自由だな~と思いながら待つこと10分。

注文した料理が到着した。

IMG 5230

IMG 5231

うまい!

スクランブルエッグの中にチーズが入っている。

このタイプは初めてだ。

トマトと相まって、なんだかイタリアンの気分だった。

量は多いがすべて平らげた。

食べている途中で米もセットで出てきて、

これは食いきれないな~と思いながら、半分ほど頂きました。

と、食事を進めていると、若い男女4名のグループが来店。

彼らは何を注文するのだろうと注目していると、

オーダーを聞いた厨房にいた男の人が池に手を突っ込んだ。

ん?

これ食うの!?

IMG 5233

なんと、さっき池に泳いでいた魚を注文していたのだ。

う~ん、さすが中国、スケールが違うw

オシャレなお店のオシャレな池の魚は食用だったのかw

あまりにびっくりして笑っていると、写真を撮らせてくれた。

若いのにとってもワイルドな中国人だった。

大理博物館の記事が長くなってしまったので、

博物館の展示内容は次回にアップします!

お楽しみに!


えもん

えもん 大学では文学部に行きたかった都内IT企業のエンジニアです。
Twitter: @koneko_mc