中国万事通

プーアル茶と、中国語を話さない外国人(上)(大理のプーアル茶)~ 大理 その7

2017/09/10

○お茶ってめっちゃ儲かるやん 文廟を出て、お茶を買おうと考えながら、お店を探した。 う~ん、このまま歩いててもこの先にはお店もなさそうだな、 と思い、適当に店に入る。

大理では、茶葉は缶や容器に入った形ではなく、 紙に包まれた大きな丸餅のような形で販売される。 この形で売られているものは、「饼茶(餅茶、bǐng chá)」と呼ばれている。

他には、一回分用に分けられて売られてもいる。 その場合は、飴玉くらいのサイズで、銀紙に包まれて お菓子のようにケースに入れられて販売されている。 販売単位も、個数ではなくグラムの量り売りである。

この場合はそれほど高くなく、空港で10個ほど買ったところ、 合計でも200円ほどであった。

IMG 5187

(在庫の資産価値はすごく高そう笑)

このように店内の棚という棚に所狭しと並べられている。 異なるブランドごとに一つずつ展示されており、 棚の奥をよく見ると、後ろに15枚ずつほど積まれている。

一銘柄につき、一枚200元、15枚で計算すると、3,000元。 一つの棚に4×4種類あるので、3,000 × 16 = 48,000元。 このとき16.5円/元で計算すると、792,000円。 少なくとも、棚は3つ見えてるので、 画面内にある餅茶の資産価値は、

2,376,000円!? え!? もちろん試算なので正確な数字ではない。 実際、100元のお茶もあったし、反対に500元のお茶もあった。 それに、お茶すべてがこのお店の所有ではないかもしれない。

それでも、植物を加工したお茶だけでこれだけの値段がつくなんて、 やっぱりお茶って贅沢品だし、儲かるんだなぁ~と思ったのであった。 まさに商品作物ですわ。

○お茶の試飲と購入

お店に入ると、40がらみの不愛想なおばさんがいた。 ん~、ハズレの店かなあ、あんまりよくなかったら何も買わずに出よう、 と思いながら、「濃いプーアル茶が好きだから、おすすめを教えてほしい」と伝える。

「まあ、とりあえず色々いいのがあるから試飲してみて」ということで、 中に促される。 お客さん用にちゃんと試飲できるスペースがあるのだ。

IMG 5186

ここで中国茶のここでの入れ方を説明。 台の下は流しになっているようで、 お湯をテーブルに流してもそのまま排水される。

0.お湯でガラスの小さなカップ(おちょこサイズ)を消毒する 1.餅茶を割って、中央奥の急須に入れる 2.茶漉しをセットして、中央奥右のガラスの器に入れる 3.ガラスのカップに注ぐ

と、こういう手順だった。 左奥にやかんがあるが、写真の外にお湯が出る蛇口があるので、 お湯が沸くまで待つ必要はなかった。

IMG 5189

(餅茶。欠けているところは、手で割った部分)

一煎目は、茶葉を洗うため、そのまま流す。 二煎目は、お湯を急須に注いだら、すぐに大きめのガラスに移す。 この段階では、味は日本でよく出される軽めのプーアル茶ほど。 三煎目は、茶葉をお湯に浸す時間が少なくても、とても濃い色になった。

IMG 5190

お茶を入れ続けている間も、 「本当にいいプーアル茶は、赤ワインと同じ色をしているものです」とか、 「このお茶は百年の老樹からとれた茶葉を使っています」などと、 おばさんは一方的に中国語で説明を続けていた。 相変わらず表情を全く変えず、不愛想だ。

勢いに押されて僕は「是吗(そうですか)」「对啊(そうですね)」と 相槌を打つくらいだった。

そうしているうち、そのおばさんは思い出したように、 ふと「你听得懂吗?(私の言うこと理解できてる?)」と聞いてきた。

ずっと中国語で説明してたやんと心の中でツッコみながら、 「大概听得懂啊(だいたいわかりますよ)」と答えると、 おばさんは「ほんとに?」と言いたげな顔で、またお茶の説明に戻った。

分量が長くなったので、明日の(下)に続きます。


えもん

えもん 大学では文学部に行きたかった都内IT企業のエンジニアです。
Twitter: @koneko_mc