中国万事通

蒼山は三塔を擁し、洱海は大理を映ず(三塔/大理4)

2017/09/07

(美しく白き三塔)

○大理のメイン観光地、三塔

こんにちは。えもんです。

この大理には、一塔や三塔のような仏塔は、 他にもたくさんあったそう。 しかし、風雨による劣化や、戦火に焼かれて、 現存するのはこの一塔と三塔だけとのこと。

そもそも大理が繁栄したのが約1000年前なので、 むしろ一塔、三塔が残っているほうがすごい! 諸行無常だな~と思いながら、三塔へ向かった。

工事用の大型トラックや、やたらと飛ばす乗用車を避けながら、 バイクを15分ほど走らせていると、見えてきた!

IMG 4988

旅行の楽しみの一つは、自分が行きたいところに自力で辿り着くこと。 バスに乗っていくだけだと、お金払って座ってるだけなので、 「やっと辿り着いた!」という達成感を味わうことがあまりない。

その点、バイクだと、少しずつ目的地に向かっている感覚があって、 目的地が見えてきたときのテンションは倍増です!

駐車場にバイクを止めて、入場します。

IMG 4990

(山に映えるねぇ~。「依山 / 靠山」(山に依る)って表現が合う。)

IMG 4989

(国家AAAAA級 観光地。正式名称は「崇聖寺三塔」)

IMG 4992

入場料は121元(約2,000円)。たっけぇ。 日本語の案内や、日本語のパンフレットもありました! これも日本人ヒッピーの遺産かw

IMG 5043

(塔の威容が伺える)

IMG 4993

参道のような道。この直線上に、山まで様々な建築物が並んでいます。

IMG 4994

(道の脇にいい感じの池。)

IMG 4995

(三塔の正面)

敷地が広いので、入口から結構歩きました! 人気の観光地なので、人がたくさん! 近づいていくと~。

IMG 4998

シルエットが美しい!!!

真ん中のこの塔は「千尋塔」と呼ばれています。 よく見ると基底部に窓のようなものが。

IMG 5002

よく見ると、ドアがはめ込まれてるw 塔の内部に登るための入口なのだろう。 梯子使わないと入れないw

この塔も、現代では修復されてこの形になっています。

IMG 5014

これは修復中の写真。 竹を組み合わせて足組にしているあたり、 昔の高い建物はこうやって建てられていたんだろうなあと想像力が働きます。

IMG 5017

これは修復前の姿。真ん中の「千尋塔」の頂上の宝輪が曲がってますね。

IMG 5018

今は綺麗になってます。 ただ、修復してるはずなのに…。

IMG 5007

微妙に傾いてるんだよなぁ…笑

○三塔の観音様とおいしいアイス

さて、この三塔から奥に行くと、また別の建物があります。

IMG 5027

この中には、大きな鐘が吊るされています。

IMG 5029

デカすぎて、どこからとっても接写になる。 これ落ちたら地震起きそうやな…笑。

IMG 5031

鐘の下にうす~い網が張ってある。 こんだけ鐘がデカくて重かったら、 気休めにしかならないでしょw

「ものを入れないで」の掲示の向こうに お金が入れられてましたw

さて、次の建物へ。

IMG 5033

山に向かって道が伸びているので、傾斜がある登り坂になっている。 天気は曇りだけど、気温が高くわりと暑い。

IMG 5035

「雨銅観音殿」という名前。 中には、大きな観音様が。

IMG 5036

本物は博物館に所蔵されており、この観音様は複製だそうです。 めっちゃでかい。

ここまでで、三塔に来てから1時間以上経っている。 まだまだ奥にも道があり、さらにその奥にはロープウェーで 山上まで登れるルートがある。

ただ、そこまで行くと、この日の観光が三塔だけで終わってしまう。 洱海を見るのにベストなスポット「海舌」までは、 どれくらいの時間がかかるかわからない。 ここで泣く泣く入口に引き返していきました。 次ここ来る機会があれば、必ず山に登るぞ!

IMG 5039

観音堂の正面左手前にミニショップがあった。 暑かったので、パイナップルアイスを購入。

一本5元(約80円)。

IMG 5040

うまい!!! パイナップル部分の味がとても濃厚。 見た目もかわいいし、子供に人気がありそう! 買ってアタリやわ、と満足しながら、駐輪場へ。

出口のルート沿いに、歴代の国家指導者が来た時の写真パネルがあった。 権力の大きさによって、歓迎度が全然違うな~と思ってみていると…。

ん?

IMG 5046

江沢民やん!!!

「中国の主要な観光地には、江沢民の揮毫がある」というのを 今回の旅で発見しました。

IMG 4779

(麗江古城の江沢民の揮毫)

IMG 6941

(上海にある豫園の江沢民の揮毫「海上名園」。右はチケット切るおじさん)

三塔には揮毫がなかったけれど、代わりに本人の写真があった。

IMG 5047

江沢民は上段中央。

他の人は雲南省のお偉いさんが迎えているくらいな。 それと比べて、 「しっかり歓迎されてます感」がすごい!笑

この対比も含めて一人で笑ったw テンションがあがって、海舌へ!

次回は海舌の写真と、バイクで起きた悲しいハプニング(涙)の話です!

おまけ①

IMG 5048

冬の三塔。一面の銀世界。雪で覆われた山も写真映えします。

おまけ②

IMG 5044

修復前の写真。 めっちゃ木生えてる!!! 今の一塔と同じやん!

一塔が観光できない理由がよくわかった(笑)。


えもん

えもん 大学では文学部に行きたかった都内IT企業のエンジニアです。
Twitter: @koneko_mc