中国万事通

《黄州寒食帖》蘇軾

2017/11/08

image1

この記事は友人のFDG氏の寄稿です。

蘇軾《寒食帖》の価値

Su shi

《寒食帖》は蘇軾(そしょく)が一度目の流罪地、黄州で書いたものである(*1)。

自我来黄州,已過三**寒食」とあるので、1083年の作で蘇軾47歳の時だ(*2)。

内容としては、蘇軾の詩が二つと黄庭堅(こうていけん)の跋(ばつ。コメント)が書かれてある(*3)。

蘇軾の行書として最高傑作だと言われ、「中国三大行書」の3番目に数えられている。

その上黄庭堅の跋もある。

黄庭堅は蘇軾の弟子であり友人で、当時既に書の大家だった。

この二人の書が記されているから、《寒食帖》は歴史上とても価値がある。

## 《寒食帖》は、ここが面白い! で、内容文より、まずは「書」を見てほしい。

というのも、世界の文字で、字そのものが芸術になるのは漢字しかない。

だから、それ自体をまず見るといいと思う。内容は後でいい。

一番重要なことは、この書は下書きであること。

下準備して書いたものではない。だから書き損じがいくつかある。

「病」の追記、「子」や「雨」の修正点。

これは「一回書いてしまったけど、なかったことにして次の文字を読んで」ということ。

実はこれが衝撃だった。蘇軾が間違えてるやん!ととても意外だった。

書は、今までは神経質に書くんだと思ってたけど、書き損じてもいいんだなと知って親しめるようになった気がする。

image1

(「病」を書き忘れていたため、横に小さく書き足している)

image1

(子、雨の右横に点を打っている)

あえて書法のルールを破る書き方をする

即興は、書く人の感情が一番よく現われる。

寒食帖にある字は、大きさや形がまちまち。

大きい字、特に目立つ字には特に感情が込められていることは、分かりやすいと思う。

「年」、「」などは鋭く刺さるようだし、「破」は字そのものが破れているように見えないか?

もう一度全体を見てほしい。全体的に最初の方が字が小さくて後ろの方が大きい。

書いてるうちにテンションが上がってきたと思われる。

image1     2

(「破」は右上。左から二字目は「帋」で、「紙」の異体字)

字の書き方でいうと、鋭く刺さるような書き方は避けるべきとされている。

それが書法の基本なのだが、そのルールをあえて破っている。

また、他の書家は肘をあげて書いてたようだが、蘇軾は字を書く時に肘を机に置いて書いてたらしい。

人生が既に辛いんだから字書くときくらいは楽に、ということだろう。

間違えても、書き直したりせず、点で誤りを示し、追加で書くだけ。

蘇軾の気ままな性格がうかがえる。

読み下し文から文章を味わう

image1

(第一首)

自我来黄州 我が黄州に来てより 已過三寒食 已に三たび寒食を過せり(*4)。 年年欲惜春 年々春を惜しもうと欲すれども、 春去不容惜 春は去って惜しむをゆるさず。 今年又苦雨 今年も又、苦(はなはだ)しく雨ふる。 兩月秋蕭瑟 両月、秋蕭瑟(しゅうしつ)たり。 臥聞海棠花 臥して聞く、海棠の花の、 泥汚燕支雪 泥が燕脂(えんじ)の雪を汚(けが)すを。 闇中偸負去 闇中、偸(ひそか)に負ひ去る、 夜半真有力 夜半、真に力有り。 何殊病少年 何ぞ殊(こと)ならんや、病める少年の、 病起鬚已白 病より起きれば鬚(びん)は已に白きに。

文の内容は、1000年前の物にしては簡単。蘇軾は難しい言葉をこねくり回さないのも大好き。

**臥聞海棠花 臥して聞く、海棠の花の、**
**泥汚燕支雪 泥が燕脂の雪を汚(けが)すを。** 「海棠花」は蘇軾の地元の花。古来より、“花中神仙”、“花貴妃”と呼ばれ、尊ばれた。

その花が散り始めたことを、音を聞いて知り、蘇軾は自分の人生を散る花に重ねた。

ここでは、散る花を雪に喩える詩の手法が用いられている。

海棠の花は雪のような白というわけではなく、花びらを「エンジ色の雪」と書くという詩的表現である。

「臥聞海棠花 泥汚燕支雪」の「花泥」の二文字の書き方を見ていただきたい。

「花」と「泥」は細い線で絡み合っている。

泥で燕脂のように雪のような花が汚されるというのを書いている。

image1     3 蘇軾は22歳で朝廷に名を馳せ、皇帝もその才能を認めた大天才。

花のように大事にされ、讃えられて来た。

それが今や朝廷から追放、黄州に左遷されて人生のどん底にまで落ちた。

麗しい花が、泥に落ちたのである。

kaidou

(海棠(カイドウ)。美しい臙脂(燕支)色である)

**何殊病少年 何ぞ殊(こと)ならんや、病める少年の、**
**病起鬚已白 病より起きれば鬚(びん)は已に白きに。** ここは一見分かりづらい。蘇軾もこの部分は、「子」の横に点を打ち、

小さく「病」を書き添えている形で書き直してる。

ここでは時間が盗まれていくのを言っている。

青年が病気で寝ており、やっと治って起き上がったら

鬚(びん)が白くなったおじいさんになっていたようだと言ってる。

(鬚は「ほおひげ」で、もみあげの下の毛)

(第二首)

春江欲入戸 春江、戸に入らんと欲し 雨勢来不已 雨勢、来たりて已(や)まず(*5)。 小屋如漁舟 小屋は漁舟の如く 濛濛水雲裏 濛濛たり、水雲の裏(うち)。 空庖煮寒菜 空庖に寒菜を煮、 破竈燒濕葦 破竈に濕葦を燒く。 那知是寒食 那(なん)ぞ知らん 是れ寒食なるを 但見烏銜紙 但だ見る烏の紙を銜(ついば)むを。 君門深九重 君門、深きこと九重 墳墓在萬里 墳墓、萬里に在り。 也擬哭途窮 也(ま)た途の窮するに哭せんと擬す。 死灰吹不起 死灰は吹けども起きず。

**也擬哭途窮 也た途の窮するに哭せんと擬す。**
**死灰吹不起 死灰は吹けども起きず。** ここは「阮籍(げんせき。\*6)のように」という補足が必要。 阮籍のように行き詰まって泣こうにも、死んだ灰は起きない。 すぐ前に「君門深九重」(\*7)と言っているように、皇帝に尽くしたいけれども、その門は九重にもなって入ることすらできない。 蘇軾の心は死んで火が点かない灰になっていたのだ(\*8)。 (後編に続く。後編では黄庭堅の跋について語る)
FDG氏は京都大学出身。卒論テーマは「泰山と封禅」。
幼少期を中国で過ごし、中国文化に対して深い造詣を持つ人物。 twitterアカウント [@zy\_dragon](https://twitter.com/zy_dragon) > \*1:**蘇軾**は若干22歳で進士に及第し、高級官僚となる。後に、王安石の新法に反対し、左遷された。北宋で最高の詩人とされる。詩としては**『赤壁賦』**が有名。 また、散文にも秀でており、**唐宋八大家**の一人に称せられる。まさに中国の知識人・文化人の見本であり理想の人物といえる。 \*2:黄州の左遷先の土地を東坡(とうば)と名付け、**東坡居士**を名乗った。なお、この地で豚肉料理の詩を詠んだことにちなんで、現在も中国では豚の角煮は**「東坡肉」**と呼ばれている。 \*3:蘇軾・黄庭堅・米芾・蔡襄は、**宋代の四大書家**とされている。 \*4:**寒食**は、旧暦の2月後半に、火を使わず冷えた料理だけを食べる日。食べ物自体は、この日の前に十分火を通してある。この日は、祖先を祀る**清明節の前日**に当たる。 \*5:春江は春の長江。雨が降っており、増水している。第一首の「臥聞海棠花 泥汚燕支雪」は、雨が海棠の花を散らしているのである。

*6:阮籍(げんせき。210年- 263年)三国時代の思想家。政界から身を退き、老荘思想を仲間内で語り合うという竹林の七賢の一人。気に入らない人物には白眼で対応したというエピソードが、「白眼視」の語源となった。

元来酒浸りで、馬を駆ってあてどなく進むのが好きで、行き止まりにつくと慟哭したという。

*7:「九重」は、門が何重にも囲っている場所、つまり朝廷を指す。北宋の朝廷は北京ではなく開封にあった。

*8:左遷されて意気消沈している自分を死んだ灰に重ねることで、火を使わない「寒食」の日のイメージとリンクしている。


えもん

えもん 大学では文学部に行きたかった都内IT企業のエンジニアです。
Twitter: @koneko_mc