中国万事通

9-10月は新茶がおいしい!京都で中国茶が飲めるお店「京都岩茶坊」を紹介するよ

2017/10/05

日本では珍しい「岩茶」を扱うお店

IMG 9006

阪急烏丸駅から、烏丸通りを少し北に上がったところにお店があります!

烏丸は鳥丸(とりまる)じゃないですよ。烏丸(からすま)と読みます(笑)。

錦市場から近い割に人が少なく、京都の中でも静かな穴場スポットです。

お店の人オススメの「極品肉桂」を飲む

お店の名前にある岩茶とは、お茶の木が山の岩肌に生えているからそう呼ばれています。

岩茶はウーロン茶の一種で、中国十大銘茶の一つです!福建省の武夷山で生産されています。

お店の人によると、仕入れているお茶の生産者は劉さんという方で、家族ぐるみのお付き合いをされているそうです。

お茶は無農薬・無化学肥料で栽培されているそうなので安心ですね!

IMG 9010

岩茶と言えばこれ!ということで店員さんオススメの「極品肉桂」(2,300円)を頼みました。

準備に少し時間がかかるものの、一煎目は既にお店の方が淹れて下さっているので、すぐに飲むことができました!

味はウーロン茶の風味をちゃんと感じさせてくれ、少し甘みがあって飲みやすく、すっきりした後味でした。

また、お茶を淹れるお湯が冷めてしまったり、無くなったら、無料で追加して貰えるのもうれしいです!

他にも、谷底に生える「不見天」(1,900円)や、お茶好きなら一度は聞いたことがある「大紅袍」(2,800円)といったものもあり、どれを飲もうかとても悩みました(笑)。

京都で「ほっこり」の感覚を味わうのに絶好のお店

IMG 9007

(9~10月のメニュー表です。今は新茶の季節)

座席数は15ほどでそれほど多くなく、店内は落ち着いた大人な空間でした。

僕以外は入れ替わりで3,4名いらっしゃったのですが、みなさん女性でした!

静かな場所に一人で入ってすっきりリフレッシュするのもいいですね。

近くには錦市場があったり、京都文化博物館があるので、観光で疲れたら一休みという使い方もできそうです!

京都でゆったり中国茶を飲むという選択。おすすめです!

費用。二人で行ってシェアするのがお得

お茶代 ✓極品肉桂:2,300円(税込) *お茶請けのお菓子はお茶代に含まれています。 *一つのお茶を二人でシェアする場合、 お茶代にプラス500円が加算されるので注意。


えもん

えもん 大学では文学部に行きたかった都内IT企業のエンジニアです。
Twitter: @koneko_mc